• ホーム
  • 個人輸入前にピルの特徴を知ろう

個人輸入前にピルの特徴を知ろう

2019年10月29日
考えている女性

ピルは避妊のために使用される医薬品ですが、個人輸入をすると、医師の処方箋がなくても購入することができます。
ピルの特徴として、低用量ピルは避妊の効果があり、アフターピルは性交後でも避妊の効果を得ることができます。
低用量ピルもアフターピルも個人輸入で購入が可能です。
個人輸入とは個人が外国から商品を輸入することです。
ピルのような医薬品も個人輸入をすることができます。
個人輸入ができるのは個人に限られていますので、会社名義で購入することはできません。
会社名義で購入したり、到着先が会社になっている場合には、別途関税が必要になります。

通常の場合、個人輸入をするには、外国語が堪能で関税などの手続きが必要になりますが、個人輸入を代行してくれる業者がありますので、誰でも簡単に個人輸入をすることができます。
業者はインターネット上に通販サイトを開設しています。
ピルなどの医薬品だけを専門に取り扱っているサイトがありますので、そのようなサイトから注文をすると、医師の処方箋なしでピルを購入することができます。
注文方法や支払い方法は、普通のネット通販と同じです。
欲しいピルを買い物かごに入れて注文をすると、海外からピルが発送され、10日ほどで自宅に届きます。

関連記事
よく目にする第2世代ピルとは

ピルに使われている黄体ホルモンは、古い順に第1、第2、第3と区分されています。これにより、使われている黄体ホルモンによって第1世代ピル、第2世代ピル、第3世代ピルと呼ばれています。第1世代ピルの黄体ホルモンには、ノルエチステロンが使用されていました。第2世代ピルには、レボノルゲストレルと呼ばれる黄体...

2019年10月09日
マイナートラブルが少ないトリキュラー

トリキュラーは最近人気がある低容量ピルです。自然なホルモン分泌パターンに似せて薬のホルモン量も低く抑えてあります。毎日飲む習慣をつけるためにプラセボと呼ばれる偽薬がついている28錠タイプとついていない21錠タイプがあります。プラセボがついていないほうは7日間は休薬し、8日目に次のシートにうつることに...

2019年09月20日